JVC、スリムボディで置きやすいCD、チューナ、Bluetoothを一体化したミニコンポ

加納恵 (編集部)2014年11月26日 12時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「NX-PB30」

 JVCケンウッドは11月26日、JVCブランドから奥行8.5cmのスリムオーディオシステム「NX-PB30」を発表した。Bluetoothによるワイヤレス再生にも対応する。発売開始は12月上旬。想定税別価格は1万3000円前後になる。

 高さ148mm×幅310mm×奥行き85mmで、重量約1.6kgのスリムボディに、Bluetooth、CD、USB、FM/AMチューナとスピーカを内蔵した一体型モデル。CLASSIC、ROCK、POP、JAZZ、低音と5つのサウンドモード機能を備え、好みに合わせて音質を選ぶことができる。

 CDやUSB内の楽曲は、MP3、WMAファイルの再生に対応するほか、プログラム/リピート/ランダム再生機能も装備。スリープ機能も搭載し、音楽を聞きながら眠りにつくことができる。

 スピーカ部には6cmのフルレンジスピーカを2つ内蔵。ボディカラーはブラウン、ブラック、ホワイトの3色を用意する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加