logo

コーエーテクモ、ゲームSNS「my GAMECITY」をオープンプラットフォーム化

佐藤和也 (編集部)2014年11月14日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コーエーテクモゲームスは、同社が運営するゲームSNS「my GAMECITY」についてオープンプラットフォーム化し、サードパーティタイトルを導入することを発表した。

 11月13日からはサクセスの「楽園生活 ひつじ村」のサービスを開始。また、11月19日にジー・モードの「メガミエンゲイジ!」、11月25日にアピリッツの「アルフヘイムの魔物使い」、12月4日にサクセスの「英雄クロニクル」のサービス開始を予定。またサミーネットワークス、スクウェア・エニックス、マーベラスの参加が予定されている。

 サービスが予定されている4タイトルの先着キャンペーンのほか、GAMECITYのマスコット市長であるニャブラハムの新しい秘書の名前を公募するキャンペーンも実施する。

  • 「楽園生活 ひつじ村」

    (C)SUCCESS (C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

  • マスコットキャラクターの秘書

-PR-企画特集