ケンウッド、FLAC、WAVファイルも再生可能--ワンボディのCDシステム

加納恵 (編集部)2014年11月13日 14時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは、ケンウッドブランドから96kHz/24bitまでのFLAC、WAVファイルの再生にも対応するシステムオーディオ「CLX-50」を発表した。

  • 「CLX-50」

 CLX-50は、CDプレーヤー、FM/AMチューナ、アンプ、スピーカを一体化したオールインワンタイプのシステムオーディオ。USB端子は96kHz/24bitまでのFLAC、WAVファイルの再生に対応するほか、パソコンの音源を高音質で楽しめるPC IN端子を備え、96kHz/24bitまでのストリーミング再生が可能だ。

 スピーカ部は9cmのデュアルコーン型のフルレンジユニットを2つ搭載し、スピーカダクトに吸音材を配したダンプドバスレフ方式を採用。箱型の筺体形状と相まってコンパクトながら、力強い低音と解像度の高い高域再生を両立する。

 本体にはBluetoothも備え、NFCにより対応のスマートフォンなどとワンタッチでの接続が可能。USBメモリを接続すれば、CDやラジオの録音にも対応する。

 サイズは高さ135mm×幅380mm×奥行き192mmで、重量約3.1kg。録音・再生各2系統のタイマーを備える。ボディカラーはスレートブルー、セラミックホワイト、アーバンブラックの3色。持ち運びしやすい収納式ハンドルを採用する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加