logo

Twitter、ツイート作成ボックスの表示を「いまどうしてる?」に変更

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一 (ガリレオ)2014年11月07日 11時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間11月5日、Twitterはウェブサイトに小さな変更を加え、Facebookのスタイルを一部取り入れた。これまで画面左側のユーザー名とさまざまなアカウントデータの下にあった新規ツイート作成ボックスが、ページ右側のタイムラインの上に配置された。

 さらに、ボックスの表示自体も「Compose new Tweet」(ツイートする)から「What's happening?」(いまどうしてる?)に変更された。新しい表示の方が確かに気軽で親しみやすく、Facebookの「What's on your mind?」(今どんな気持ち?)に似た口調になっている。

 「What's happening?」ボックスをクリックすると全文入力欄が開き、140字までのメッセージを入力できる。写真や位置情報を追加するためのリンクも表示される。

 今回の変更の1週間前に、Twitterはモバイルアプリに同様の手直しを行っている。「iOS」または「Android」アプリのなじみ深い「Compose」(ツイートする)ボタンをタップすると、「What's happening?」(いまどうしてる?)という同じメッセージが現れる。ボックスの一番下に、写真や位置情報を追加するためのリンクも表示される。

 今回の変更でも、TwitterをFacebookのルックアンドフィールに近づける傾向が続いている。Twitterは4月にプロフィールページを刷新して、Facebookと同様、ユーザーが一番上にプロフィール写真と大きなヘッダ写真を配置できるようにした。


提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集