logo

アマゾン、家庭向けデジタルアシスタント「Echo」を発表

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年11月07日 08時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは米国時間11月6日、「Amazon Echo」を発表した。(アレクサンドリア図書館にちなんで)「Alexa」という単語で呼びかけ、音声コマンドや付随するモバイルアプリで動く固定のタワー型製品である。Appleの「Siri」、Microsoftの「Cortana」、Googleの「Google Now」などの他のデジタルアシスタントと同様に、ウェブを検索して質問に答えたり、時刻を告げたり、天気を調べたりすることができる。付随するモバイルアプリの買い物リストに商品を追加するように指示することも可能だ。


提供:Amazon

 同社によると、スピーカーを内蔵し、音楽のサンプル再生や購入に加え、音楽ストリーミングも可能だという。

 同製品は、予約した人のみを対象に、199ドル(「Prime」会員は99ドル)で提供される。製品ページによると、「数週間のうちに」提供開始されるという。

 BGCのアナリストであるColin Gillis氏は新製品について、「Amazonはハードウェア事業に力を入れている。取り組んでいるのはコマースを促進するためのハードウェアだ」と述べた。Amazonが公開したプロモーションビデオでは、買い物リストに包装紙を追加するようにAlexaに指示する様子が示されている。

 Amazonはこの1年間でハードウェア製品を積極的に拡充し、既に提供されている「Kindle」やタブレットに加えて、TVストリーミングボックス、スティック型のメディアストリーミング端末、スマートフォンなどの製品を投入した。どの製品も、デジタルコンテンツの提供というAmazonの取り組みを強化することを目的に設計されている。

 EchoはAmazonの製品ラインを拡大するだけでなく、同社の音楽サービスの利用を促進し、同社のエコシステム内に消費者を囲い込む機会をもたらす。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集