ドコモ、ケータイ×NTT光のセット割--最大1Gbps「ドコモ光」を2015年2月に開始

坂本純子 (編集部)2014年10月31日 18時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは10月31日、NTT東日本およびNTT西日本が提供する光回線サービスを使った「ドコモ光」を2015年2月から開始することを明らかにした。2014年度第2四半期の決算会見で、今後の施策の一つとして発表した。

NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏。新サービスのロゴを披露
NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏。新サービスのロゴを披露

 携帯電話の新料金プランと自宅向けの光回線サービスを組み合わせ、「ドコモ光パック」としてセット割引する。ドコモ光の最大速度は1Gbpsを見込む。

 NTTドコモ 代表取締役社長の加藤薫氏は、「ドコモ光は、新料金プランと組み合わせることでお得感が増すしくみ。ドコモがモバイル、光回線、ISPをまとめてセットで提供することで、簡単かつリーズナブルな価格で提供できる」と説明する。

 具体的な料金やサービスメニューは準備が整い次第発表するとしているが、基本的な方針として、パケット通信のデータ通信料を家族間で分け合える「シェアパック」の上位プランの契約者ほどドコモ光を安く利用できるようにする考えだ。

 NTTドコモは対前年同期で減収減益が続いており、新料金プランとドコモ光を併せたパックプランで巻き返しを狙う。

 一方で、ドコモが光回線を販売することに関しては、KDDIやソフトバンクらが強い警戒感を示してきた。これに対し「NTT東西のフレッツを卸すことについては、ドコモだけでなく他も同じ条件と認識している。オープンで公平なシステム」(加藤氏)とコメントした。

ドコモ光、3つの特長
ドコモ光、3つの特長
ケータイとセットにした「ドコモ光パック」を開始する
ケータイとセットにした「ドコモ光パック」を開始する
上位のシェアパックユーザーほどドコモ光が安くなるようにする
上位のシェアパックユーザーほどドコモ光が安くなるようにする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加