マクセル、2つの空気層で音を緻密にコントロールするイヤホン

加納恵 (編集部)2014年10月21日 15時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「MHX-RF800」

 日立マクセルは10月21日、インナーイヤータイプのヘッドホン「MHX-RF800」(RF800)を発表した。ハウジング部に2層の空間を設けた新設計のデュアルチャンバー構造を採用する。発売は10月25日。想定価格は2万円前後になる。

 日立マクセルでは、音質を追求したハイエンドヘッドホンを「m」シリーズとして約2年前から展開している。2つドライバを組み合わせたハイブリッドドライバモデル「MXH-DBA700/DBA900」や、空間を利用し音を出す「MXH-RF500」などを発売しており、RF800はRFシリーズの最新モデルにあたる。デュアルチャンバーの構造自体はRF500と同様だが、中身はすべて新設計したという。

  • イヤーピース部とハウジング部

  • 本体のカラーリングに合わせパープルを基調にしたボックスデザイン

  • 「デュアルチャンバーの構造」

 2つ設けた空気層により、ドライバの振動を効率良く、かつ緻密にコントロールできることが特徴。6kHzあたりの高域ピークを抑制することで、高域の帯域を広げ、高域部分が“刺さる”ような感覚をなくし、シンバルの余韻なども余裕を持って再現できるとしている。

 低域部は、人間の耳に聴こえる周波数と音圧レベルを示す「等ラウドネス曲線」を考慮した低域特性により、元気なサウンドを実現した。

 ハウジング部は、アルミニウムとABS樹脂を組み合わせた「ハイブリッドボディ」を採用。ABS樹脂でできたハウジング部をアルミニウムキャップ、アルミニウムハウジングで、挟み込むことによって、固有振動を抑え、ロスの少ない豊かなサウンドを再生する。

 10mmのドライバユニットを搭載した密閉ダイナミック型。ケーブルの長さは1.2mで、抗菌タイプと低反発ポリウレタンの2種類のイヤピースを付属する。

  • 「ハイブリッドボディ」

  • ハウジング部の構造

  • 抗菌タイプと低反発ポリウレタンの2種類のイヤピースを付属


日立マクセルのコンシューマ&ソリューション事業本部事業企画部主管である小林是人氏

 日立マクセルのコンシューマ&ソリューション事業本部事業企画部主管である小林是人氏は「mシリーズは、2つのドライバを組み合わせたハイブリッドモデルをベースに展開しているが、2012年に発表した『RF500』は、5000円前後の販売価格ながら『こちらの方が好み』と気に入ってくれるユーザーが多かった。RF800は空気層が2つあるというデュアルチャンバー構造を突き詰めて作ったモデル」と開発背景を話した。RF500も引き続き販売するとしている。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加