logo

KDDI、10月19日午前9時からiPad mini 3とiPad Air 2の予約を受付開始

坂本純子 (編集部)2014年10月19日 01時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、沖縄セルラーは、「iPad mini 3 Wi-Fi+Cellular」と「iPad Air 2 Wi-Fi+Cellular」を10月下旬より発売すると発表した。10月19日午前9時から予約を受け付ける。

 一括払いの価格は、iPad mini 3の16Gバイトモデルが6万1320円(24回払いは月額2555円)、64Gバイトモデルが7万3200円(同:3050円)、128Gバイトモデルが8万5080円(同:3545円)。iPad Air 2は、16Gバイトモデルが7万3200円(同:3050円)、64Gバイトモデルが8万5080円(同:3545円)、128Gバイトモデルが9万6960円(同:4040円)となっている。

 自宅のネット+電話とセットにするか、auのiPhone、スマートフォンとセットにした「ゼロスタート定額」プランでは、基本使用料(データ定額プラン)は税込みで0円から5122円(2年間)。3年目以降は540円〜5662円になる。これに加え、インターネット接続サービス「LTE NET」の使用料として0円または324円、機種代金が必要になる。さらにこれに「毎月割」として月々2555円〜2610円が割り引かれ、毎月の支払い額は、iPad mini 3の16Gバイトモデルの場合で3059円〜5950円。詳細はウェブサイトに記載されている。

 また、現在使用しているiPadを下取りし、新しいiPadの購入をサポートする「下取りプログラム」に、Pad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデルを対象機種として追加したほか、下取り価格を改定している。Wi-Fi+cellularモデルの場合は、iPad mini 16Gバイトモデルで1万円相当のWALLETポイントが付与される。最も高い買い取り額はiPad Air 128Gバイトモデルで、2万2000円相当のポイントが付与される。なお、対象はiPad(第4世代)以降。

 Wi-Fiモデルの場合、Pad(第3世代以前)は3000円相当、最も高額なのはiPad Air 128Gバイトモデルで、1万9000円相当。詳細はウェブサイトに記載されている。

「ゼロスタート定額」プランの場合
「ゼロスタート定額」プランの場合

-PR-企画特集