リクルート、東証一部に上場

井指啓吾 (編集部)2014年10月16日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リクルートホールディングスは10月16日、東京証券取引所市場第一部に新規上場した。初値は3170円となり、公開価格の3100円を上回った。


 1960年に創業した同社は、女性向け転職情報誌「とらばーゆ」を皮切りに、アルバイト、海外旅行、自動車などの分野で情報誌を創刊。1988年には贈収賄事件(リクルート事件)が発覚し、1992年には一時ダイエーの傘下に入ったが、その後就職情報サイト「リクナビ」などの事業を開始し、メディアビジネスと人材ビジネスを核として成長してきた。

 2014年3月期連結決算の売上高は1兆1915億円、純利益は654億円。2015年3月期の業績予想は、売上高が1兆2900億円、純利益が660億円と発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加