オンキヨー、2.1chスピーカと台座型の選べる2つのサウンドシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは10月15日、フロント2chのスピーカと、大口径16㎝ユニットを採用したワイヤレスサブウーファの2.1chシステム「LS3100」と耐荷重60kgのサウンドベースシステム「LS-T30」を発表した。11月上旬から順次発売する。想定税別価格はLS3100が4万4000円前後、LS-T30が5万円前後。

  • 「LS3100」

 LS3100は左右セパレート型で、縦・横置きや壁掛けに対応したフロント2chのスピーカと、大口径16cmユニットを採用したワイヤレスサブウーファから構成される2.1chシステム。

 コントロールユニット部にはデジタルアンプを搭載し、コンパクトながら力強いサウンドを実現した。ケーブル1本でテレビと接続でき、主要メーカーのテレビリモコンで本機の音量調整が可能だ。

 Bluetoothに対応し、テレビを視聴していないときにも、iPod touch/iPhone、Android端末の音楽をワイヤレスで再生可能。サウンドモードは「ノーマル」のほか、テレビや映画のセリフが聴き取りやすくなる「ボーカル」モードを搭載した。

  • 「LS-T30」

 LS-T30は、大画面テレビの下に設置可能な、耐荷重60kgのサウンドベースシステム。サイズは高さ95mm×幅905mm×奥行き400mmで、サウンドバータイプに比べ、スビーカキャビネット容積を効率よく確保しているため、パワフルなサウンドを再生する。

 左右それぞれに6.5cmのフルレンジユニットを2基ずつ搭載し、本体下部のサブウーファには16cmの大口径ユニットを採用。両サイドには低音増強の基幹技術である「スリットダクト」採用し、薄型ながら、量感とスピード感を兼ね備えた、質の高い低音再生を実現したという。

テレビとの接続はケーブル1本で可能。主要メーカーのテレビリモコンで本機の音量調整が可能だ。Bluetoothに対応し、対応機器の音楽のワイヤレス再生できる。サウンドモードは、「スタンダード」「サラウンド」「ボイス」「ステレオ」の4つを備える。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加