「iPhone 6/6 Plus」でスローモーション撮影速度を変えるには

Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年10月10日 12時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通常の場合と同様にAppleの最新「iPhone」である「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のカメラには、いくつかの機能向上が加えられている。iPhone 6とiPhone 6 Plusは、60fpsでのビデオ撮影が可能なだけでなく、スローモーション撮影において2つのスピードも用意している。

 スローモーション撮影機能がiPhone向けに初めて登場した際、ビデオは120fpsで撮影されていた。再生は通常の30fpsなので、ビデオは4倍速スロー再生され、スローモーション効果が得られる。

 新しいiPhoneは、120fpsをスローモーション撮影用にまだ提供しているが、新たなデフォルトとして240fpsも搭載している。

 この2つの異なる速度を切り替えるには、「カメラ」アプリを立ち上げて、「スローモーション」オプションが選ばれるまで右にスワイプする。

iPhone 6の「カメラ」アプリではスローモーション撮影速度が選択可能になっている。
iPhone 6の「カメラ」アプリではスローモーション撮影速度が選択可能になっている。
提供:Screenshot by Jason Cipriani/CNET

 ビューファインダーの隅に「120FPS」または「240FPS」と表示される。表示されている速度がスローモーションビデオを撮影する際に用いられる。

 オプションを切り替えるには、表示をタップするだけだ。非常に簡単だ。表示はタップするごとに切り替わり、現行の設定を示す。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加