ソニー、30%小型化で旅行にも連れて行きたい「アクションカム AZ1」

加納恵 (編集部)2014年10月07日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • リモコンキット「HDR-AZ1VR」

 ソニーは10月7日、ウェアラブルビデオカメラ「アクションカム」に、現行機に比べ約30%の小型、軽量化を実現した「HDR-AZ1」(AZ1)を発表した。組み合わせて使用できる新ライブビューリモコンも用意する。発売は10月24日。想定税別価格はリモコンキット「HDR-AZ1VR」が4万1000円前後、AZ1本体のみが3万1500円前後になる。

 アクションカムは、3月に静止画撮影モードやNFC対応へと進化した「HDR-AS100V」を発表。AZ1は、撮影モードやワイヤレス機能はそのままに本体サイズと重量を約30%減らしたコンパクトモデルだ。サイズは高さ36.0mm×幅24.2mm×奥行き74.0mmで、重量約63g。より小型、軽量することで、装着性を向上させたという。

 本体液晶モニタ部を小型化したほか、新バッテリを採用することで小型化を実現。撮影可能時間はAS100Vの約120分に比べ、約80分へと短縮されている。

 またモニタ部は電池残量やWi-Fi機能などの確認のみとなったが、ライブビューリモコンにファイルの再生、削除や設定変更などの機能を搭載。GPS情報もリモコン側に移管することにより、小型化をキープしたままログ情報などを残せるようになった。

 リモコンからは最大5台までのモニタリングが可能。以前のライブビューリモコン「RM-LVR1」も使用できるが、GPS機能などは省略される。

  • 「HDR-AZ1」(左)と「HDR-AS100V」(右)のサイズ比較

  • 高さが約10mm低くなったほか、小型液晶に変更された

  • GPS機能などはライブビューリモコン側に移管

 有効約1190万画素の1/2.3型Exmor R CMOSセンサを搭載し、MP4形式の1920x1080 60p動画撮影と50Mbpsの高ビットレートによる高画質ビデオフォーマット「XAVC S」にも対応。有効1190万画素による最大10枚の高速連写や、最大10枚を1ファイルにして、連続写真のような効果が得られる「モーションショットLE」など、静止画手ブレ補正機能も充実している。

 本体にはWi-Fiも備え、スマートフォンと連携して使用することも可能。撮影したファイル保存、管理、編集の統合ソフト「PlayMemories Home」に加え、アクションカム専用の編集ソフト「Action Cam Movie Creator」も新たに無料ダウンロードの形で提供される。

 IPX4相当の防滴性能を持ち、同梱のウォータプルーフケースを装着すれば5m防水も可能。耐低温動作温度は5度になる。

  • 「HDR-AZ1」

  • サイドには電源ボタンや液晶、NFCマークなど

  • 上部にはホールドスイッチと録画ボタン

  • 記録メディアはメモリースティックマイクロとmicroSD/SDHC/SDXCカード

  • ウォータープルーフケース

  • バッテリは小型なものに変更された

  • このエントリーをはてなブックマークに追加