logo

DNP、印刷物を切ったり曲げるとインクが光る応力発光印刷--真贋判定や偽造防止に応用

佐藤和也 (編集部)2014年10月03日 17時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷は10月2日、切る、折り曲げる、ひっかくなどの圧力を印刷面にかけると、インクが発光する「応力発光印刷」を開発。世界で始めて実用化したと発表した。10月より量産を開始するという。

  • ミシン目を切ったときの光を確認して、真贋判定するといった活用ができる

 応力発光印刷には、堺化学工業の応力発光性(圧力がかかることによって光を発する性質)を持つ顔料を使用したインクによるもの。ひずみが生じると発光する特殊な分子構造を持つ応力発光体を活用し、圧力がかかったときだけ発光し、元に戻せば消えるという特徴を持っているという。

 数分ほど印刷面に光を照射した後、暗い場所で印刷物を切る、折り曲げる、引っ掻くなど圧力をかけると、緑色の光を発する。光を照射した後に暗い場所に移動してもしばらく残光が生じる「燐光性」も有している。

 この応力発光や燐光を発する印刷物を正規品と見なすことによって、真贋判定に利用できるという。耐水性や紙への加工適性など備えており、印刷色は無色。応力発光印刷の加工コストは、通常の印刷1色分の価格に対して10%増程度としている。同社では光を確認して真贋判定するチケットや金券など偽造防止効果を高める技術として活用するほか、アイキャッチ効果を高める商業印刷物、雑誌付録などに提供など、用途開発と市場開拓を進めてくとしている。

-PR-企画特集