logo

パイオニア、ハイレゾ対応のネットワークCDレシーバーとスピーカシステム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは10月2日、DSDなどのハイレゾ音源に対応したネットワークCDレシーバー「XC-HM82-S」と、スピーカシステム「S-HM82-LR/HM62-LR」を発売した。10月下旬に発売する。

 想定税別価格は、XC-HM82-Sが4万8000円前後、S-HM82-LRが2万1000円前後、S-HM62-LRが1万6000円前後。10月8日より、パイオニアプラザ銀座において先行展示する。

  • 「XC-HM82-S」

 XC-HM82-Sは、DSDやFLAC/AIFF(192kHz/24bit)、Apple Losslessなどのハイレゾ音源の再生に対応。デジタル用とアナログ用それぞれの電源を搭載し、回路基板も機能ごとに配置するなど、セパレート構造にすることで、回路間の相互干渉を抑え、全帯域でクリアな音質を実現した。

 本体前面には日本語表示に対応した3.5インチフルカラー液晶ディスプレイを備え、楽曲名やCDアルバムアートなどの情報を表示できる。BluetoothとAirPlayに対応し、スマートフォンなど対応機器内の音楽ファイルをワイヤレス再生することが可能だ。

  • 「S-HM82-LR」

 パワーアンプ部には、同社のハイクラスオーディオにも採用している「Direct Power FET」を採用。左右それぞれのチャンネルに独立したオペアンプを搭載し、チャンネル間の干渉を抑制した。サイズは高さ98mm×幅290mm×奥行き333mmで、重量は4.8kg、本体カラーはシルバー。

  • 「S-HM62-LR」

 S-HM82-LRは、フィルムコンデンサを用いたスピーカネットワークと、グラスファイバー振動板を採用したウーファユニット。全帯域でフラットかつ高解像な音を再現する。サイズは高さ266mm×幅156mm×奥行き258mmで、重量は3.7kg、スピーカキャビネットのカラーはブラックとなる。

 S-HM62-LRは、コンパクトサイズながらハイレゾ音源の広帯域再生に対応し、低音から高音まで量感のある力強い音を再生する。サイズは高さ241.5mm×幅156mm×奥行き243mmで、重量は3.4kg、スピーカキャビネットのカラーはブラウンとなる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集