次期Windows、名称は「Windows 10」--マイクロソフト、新OSの概要を明らかに

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年10月01日 07時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE サンフランシスコ発 -- Microsoftは「9」ではないと述べた。現行の「Windows 8」に続くOSは「Windows 10」になるという。

 「Windows Threshold」という開発コード名が付けられていたこの新しいOSでは、タイル型の「Metro」ユーザーインターフェースが基本的に廃止される。Microsoftは、このタイル型のインターフェースをデスクトップPCから「Surface」タブレットや「Widows Phone」端末にいたるまで、同社製品ライン全体に導入しようと試みていた。その代わりにあるのが、いわゆるライブタイルと、タッチを利用するユーザーとキーボードとマウスを利用するユーザーの両方を満足させることを目的としたより従来型のWindows体験の組み合わせだ。ライブタイルは、新しくなったStart Menuのような部分に表示されるようになる。

 MicrosoftのOS担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるTerry Myerson氏によると、Windows 10はかなり抜本的な刷新であることから、同社は、次期バージョンとして広く予測されていた「Windows 9」という名称を飛ばすことが最良だと決断するに至ったという。

 「Windows 10は、かつてないほど広範囲にわたる端末上で動作する。端末ごとに、それに合わせたエクスペリエンスが提供される」とMyerson氏は米国時間9月30日、当地で開催された報道陣向けイベントで述べた。「それらすべての端末に対して、ユニバーサルなアプリケーションを記述するための単一の方法、単一のストア、アプリを検索、購入、更新するための単一の手段が提供される」(Myerson氏)

Windows 10のデモを9月30日にサンフランシスコで開催のプレスイベントで披露したMicrosoftのバイスプレジデントJoe Belfiore氏(右)とTerry Myerson氏
Windows 10のデモを9月30日にサンフランシスコで開催のプレスイベントで披露したMicrosoftのバイスプレジデントJoe Belfiore氏(右)とTerry Myerson氏
提供:Nick Statt/CNET

 Myerson氏による紹介に続いて登壇したのは、MicrosoftのOS担当コーポレートバイスプレジデントで、「Windows」とWindows Phoneのデザインおよび開発に関する対外的な顔ともいえるJoe Belfiore氏だった。同氏は、Windows 10の初期ビルドのライブデモを実演してみせた。Belfiore氏もまた、大幅な前進を強調した。

 Windows 10は、Windows 8の前衛的なデザインと、今でも最も人気の高いMicrosoft OSである「Windows 7」の親しみやすさと機能の両方の要素を併せ持つ。

 Windows 10の目標は、「Windows 7におけるマウスとキーボードと同じ操作性を進化させたUIアプローチを見出し、タッチ操作をユーザーが自然に感じるものにする」ことだとBelfiore氏は強調した。

Windows 10の新しいデスクトップ画面
Windows 10の新しいデスクトップ画面
提供:Nick Statt/CNET

 鍵となるのは、Windows 10が端末を識別してそのインターフェースモードを変更できるという概念だとMicrosoftは述べる。つまり、ユーザーが使用しているのが「OneDrive」クラウドストレージか「Microsoft Word」か、あるいは、Surface端末かレノボ製ノートPCかをソフトウェアが認識し、それに応じて適応する。それによって、Windows 8を搭載する同社端末が敬遠される理由だとMicrosoftが感じている生産性の解放を目指す。

 Windows Phoneに関しては、Windows 10と同じ方向性に進むことが予定され、それには命名規則が含まれる。ただし、同じように基本に立ち返ったようなデザイン理念を踏襲することはない。「デスクトップを持つことはない」とBelfiore氏は述べたが、MicrosoftのモバイルOSが次バージョンでどのような外観を持つかについて詳細は述べなかった。

Windows 10で新しくなったStartボタンのレイアウト
Windows 10で新しくなったStartボタンのレイアウト
提供:Nick Statt/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加