パナソニック、ハイレゾ音源に対応した高音質オーバーヘッドホン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは9月26日、広帯域、高解像度再生を実現し、ハイレゾ音源に対応した高音質オーバーヘッドホン「RP-HD10」を発表した。10月17日に発売する。想定税別価格は2万4000円前後。

  • 「RP-HD10」

 RP-HD10は、薄くて軽く、レスポンスに優れる超多層フィルム(MLF)振動板を採用した、50mmのHDドライバを搭載。ドライバフレームには、振動減衰性に優れた新材料PN041(PLA)を採用し、ドライバの不要な振動や共振を抑えた。深く芯のある重低音から、艶やかな高域までの広帯域と高解像度再生を実現したという。

 HSアジャスト機構により、ハウジングを最適な位置に固定したまま、ヘッドバンドを水平方向にスライすることが可能。頭の形状に応じて、最もフィットする装着状態に調整できる。

 人間工学に基づいた「エルゴノミック3Dイヤーパッド」を採用することで、イヤーパッドが耳周りの形状にしっかりフィットし、密閉性と遮音性を備えた、快適な着け心地を実現した。

 コードは、L型ステレオミニプラグの約1.2mと、ストレート型ステレオミニプラグの約3.0mの2種類を付属。コードを除く重量は約320g。ステレオミニ標準プラグアダプタと、キャリングポーチが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加