logo

写真共有サイト「Panoramio」創設者、グーグルに閉鎖計画の撤回求める--署名運動を開始

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2014年09月25日 11時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 地理情報付きの写真共有サイトPanoramioの創設者たちが、同サイトの閉鎖を決断したGoogleに対して閉鎖の撤回を求めるキャンペーンを開始した。今回の閉鎖決定は、Panoramioの熱心なユーザーたちの怒りを呼んでいる

Panoramioは、地図と写真を通して世界中を見て回る手段を提供する。同サービスの創設者らはGoogleによる閉鎖に反対している。
Panoramioは、地図と写真を通して世界中を見て回る手段を提供する。同サービスの創設者らはGoogleによる閉鎖に反対している。
提供:Screenshot by Stephen Shankland/CNET

 同サイトの共同創設者のJoaquin Cuenca Abela氏、Eduardo Manchon Aguilar氏、Jose Florido Conde氏はキャンペーンの中で、「Panoramioのユーザーは9年間にわたり、膨大な時間を費やし、8000万枚もの写真を手間をかけて撮影しては選び出し、共有し、手作業で位置情報を付ける作業を行ってきた」と述べている。「彼らはGoogleに対し、自分たちの写真を『Google Earth』や『Google Maps』に表示する権利を与えた。これと引き換えにPanoramioのコミュニティーを存続させるようGoogleに求めるのは、当然のことだ」

 Googleは米国時間9月16日、Panoramioを最終的に閉鎖する予定だと発表した。Panoramioは、位置情報付きの写真をその場所のデータとともに共有し、地図ベースのインターフェースで閲覧できるサイトだ。このサイトを開設したPanoramioは2005年の設立で、2007年にGoogleに買収されたが、Googleは現在、「Views」と呼ばれる新しいサービスへの移行を図っている

 Panoramioの創設者らがキャンペーンを始めたのは23日だが、24日午前の時点で1300名以上の人々が賛同の署名を行っていた。

 ただし、Googleは16日の時点で、PanoramioとPanoramioのコミュニティーがViewsの機能に満足できた段階でPanoramioを閉鎖するとの意向を明確に示している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集