パイオニア、デスクトップやベッドサイドに置けるコンパクトオーディオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは9月24日、書斎や寝室に置けるコンパクトサイズのCDミニコンポーネントシステムとして、「X-EM22」と「X-EM12」を発表した。10月下旬に発売する。想定税別価格は、X-EM22が1万2800円、X-EM12が9980円。

  • 「X-EM22」

  • 「X-EM12」

 X-EM22はBluetoothに対応し、スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤー、PCなどの対応機器に保存した音楽を、ワイヤレス再生することが可能だ。

 両機とも、レシーバ部が高さ121mm×幅180mm×奥行き247mm、スピーカ1台が高さ215mm×幅145mm×奥行き180mmというコンパクトなサイズ。出力15W+15Wのアンプと、大口径10cmのフルレンジスピーカを備える。フロント入力端子は、USB端子とAUDIO IN端子を1系統ずつ搭載している。

 CDやCD-R/CD-RW/USBメモリ、FMラジオのほか、MP3/WMAファイルの再生にも対応。FMチューナの周波数は95MHzまで対応しており、今後整備される予定のFM補完中継局の放送も受信可能だ。

 ROCK/JAZZ/POP/CLASSIC/FLATの5つのモードの「プリセットイコライザー」、無操作時にスタンバイモードに移行する「オートパワースタンバイ機能」も搭載している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加