logo

アイ・オー、「SeeQVault」対応の録画用HDD発売へ--録画番組を引き継げる

加納恵 (編集部)2014年09月22日 17時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は、次世代コンテンツ保護技術「SeeQVault(シーキューボルト)」に対応したHDD「AVHD-AUSQシリーズ」を近日発表する。接続機器が変わっても録画番組を引き継ぐことが可能だ。

 SeeQVaultは、対応機器で録画した番組を、別のSeeQVault対応テレビやレコーダーに接続しても、再生ができるという新規格。テレビやレコーダーの買い替え時や、万が一の故障時、HDDをつなぎ替えて、別の部屋で視聴するといったことが可能になる。

 AVHD-AUSQシリーズは、2Tバイトの「AVHD-AUSQ2.0」と3Tバイトの「AVHD-AUSQ3.0」の2モデルを用意。同日発表されたパナソニックのBDレコーダー「DIGA」がSeeQVault規格準拠モデルになる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集