マランツ、9chアンプ搭載のAVサラウンドレシーバー--Dolby Atmosにも対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーアンドエムホールディングスは9月12日、マランツブランドのDolby Atmosに対応した9chアンプ搭載AVサラウンドレシーバー「SR7009」を発表した。10月中旬に発売する。税別価格は23万円。

  • 「SR7009」

 SR7009は、最大出力235Wの9chフルディスクリート・パワーアンプを搭載し、新たに4オームスピーカのドライブにも対応した。プリアンプには、HDAM搭載の電流帰還型を採用。オぺアンプ使用時の約7倍のスルーレートを実現したという。

 Dolby Atmosに対応し、5.1.2ch、5.1.4ch、7.1.2chのスピーカ配置が可能。外部パワーアンプを追加すれば、7.1.4ch、9.1.2chのスピーカ配置も可能だ。サラウンドスピーカにオーバーヘッドスピーカを使用することにより、全方位に展開する、自然な音響空間の演出が可能となる。

 アナログデバイセス製の32bitフローティングポイントDSP、第4世代「SHARC」プロセッサを4基搭載し、音源のクオリティを引き出す高度な処理が可能。Dolby Atmosのほか、DTS Neo:X(11.1ch)やAudyssey DSX、DSD(2.8MHz)、リニアPCM(192kHz/24bit)のマルチチャンネル信号の入力にも対応している。

 専用マイクによるオートセットアップ機能「Audyssey MultEQXT32」を搭載し、最大8ポイントでの計測結果から、音響環境を自動で最適化。2台のサブウーファを個別に測定して補正する「Sub EQ HT」も搭載している。付属のマイクスタンドで耳の高さにマイクをセットすれば、精度の高いスピーカのセットアップが可能となる。

 Wi-Fiのほか、BluetoothやAirPlayにも対応し、スマートフォンやタブレットなどの対応機器の音楽を、ワイヤレス再生することも可能。AVRCPにも対応し、再生や停止など、本機のリモコンでBluetooth対応機器を操作することもできる。

 4K/60p、4:4:4/24bitパススルーに対応したほか、4Kアップスケーリングにも対応。コンポーネントやコンポジットビデオ信号も、アップスケーリングしてHDMI端子から出力することができる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加