“あうんの呼吸”が通用しない東南アジアで奮闘--リサーチパネルエイジア・梶川美紗さん - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この国にはグローバルの大手調査会社を含め、数十社の調査会社が存在します。鍵を握るのはサービスの「フィージビリティ」「スピード」「価格」の3つ。フィージビリティとは調査対象にリーチできる度合い、パネル保有の大きさのことで、パネルの品質がこれを左右します。いわずもがな当社は日本関連の案件に強みを持っています。スピードにおいては日系企業ならではの迅速かつ丁寧なサービス対応が顧客から評価されており、かつリーズナブルな価格設定により優位な状況を作れていると自負しています。

 また、先ほど申し上げた通りフィリピンに24時間体制のオペレーションセンターも設けていますので、海外の顧客を時差があるからといってお待たせすることがありません。シンガポール拠点ができてからは、東南アジアの顧客からの問い合わせが増えてきています。案件としてはコンシューマ向けが多く、最近はBtoBも増えてきました。RPAは、アジアでナンバーワンのオンラインリサーチパネルプロバイダになることを目指しています。

――休みの日はどのように過ごしていますか。

 街歩きが好きで、シンガポールのいろいろなエリアをまわっています。特に気に入っているエリアは、インド系の方が多く住んでいるリトルインディアや、シンガポールならではの「プラナカン建築」が立ち並ぶ通りです(プラナカンとは、ペナンやマラッカ、インドネシア、シンガポールに渡ってきた中国からの移民のことで豊かな色彩が特徴)。


梶川さんお気に入りの「プラナカン建築」

――今後の展望やご自身のキャリアについて教えて下さい。

 拠点長としては、シンガポールでの事業を伸ばしてグループ全体に貢献していきたいです。そのために直近では営業職を採用しチームを作っていく予定です。一方、アジアで働く日本人としては、現地の方が日本人に対して抱いている丁寧さやクオリティの高さなど良い意味での先入観を裏切らず、その上で期待を超えるようなサービスを提供していきたいです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]