logo

注目の電気自動車テスラ「モデルS」を納車開始--日本仕様は右ハンドル、日本語対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テスラモータースは9月8日、日本で初となるスポーツ電気自動車(EV)「モデルS」の納車を開始し、併せて都内でプレスカンファレンスを開催した。

テスラ モデルS、セダン風だがリアはガラスから大きく開く5ドアハッチバックスタイル。サイズは4978mm×1964mm×1435mmとやや大きめ
テスラ モデルS、セダン風だがリアはガラスから大きく開く5ドアハッチバックスタイル。サイズは4978mm×1964mm×1435mmとやや大きめ
TESLA MOTORS 代表取締役会長兼CEOのイーロン・マスク氏
TESLA MOTORS 代表取締役会長兼CEOのイーロン・マスク氏

 プレスカンファレンスは、来日したTESLA MOTORS共同創業者兼CEOのイーロン・マスク氏が充電器「テスラスーパーチャージャー」の発表と記者の質問に答える形式で行われた。

 まず発表されたのは、テスラスーパーチャージャーの展開だ。テスラスーパーチャージャーは白いボディに赤いアクセントのある充電スタンド。モデルSは、全国で無料で充電できる。発表会場となった東京港区にある六本木ヒルズのグランド ハイアット 東京の車寄せに設置されたほか、2015年末までのロードマップの概要が発表された。

テスラスーパーチャージャーの展開予定
テスラスーパーチャージャーの展開予定

 テスラスーパーチャージャーには充電ケーブルが内蔵されており、ケーブルを伸ばしてテスラの車両に接続すると充電が開始する。20分で満充電の半分を充電できる。充電に必要な電源は、太陽光発電で賄うとしている。

 イーロン・マスク氏によれば、モデルSの投入を表明してから今日の納車まで時間がかかったことについて、右ハンドルにすることと、日本語対応を理由に挙げた。日本でユーザーに納められるモデルSを見ると、試乗車として用意されたいたものと異なり、右ハンドルとなっている。車内を見るとモデルSの特徴でもある中央の17インチディスプレイをはじめ、メーターパネルの表示も日本語化されている。

メーターパネルの表示も日本語に
メーターパネルの表示も日本語に

 また、テスラスーパーチャージャーの導入にも時期を合わせたかったとし、最初の納車の時点から、スーパーチャージャーが使えることを強調した。

 モデルSに搭載されるバッテリはパナソニック製だ。イーロン・マスク氏は電気自動車の心臓部であるバッテリが日本製であることを指し「日本の心がモデルSに組み込まれている」と表現した。

 本日から納車を開始したモデルSの価格は823万円から。常にソフトウェア更新をしているほか、現在Googleマップを搭載しているナビゲーションシステムは今後2~3カ月内にアップデートすることと、日本向けの新たなマップ機能を搭載することを明らかにした。またイーロン・マスク氏によれば次のバージョンで車両の動きを制御する機能も搭載するとした。

  • 右ハンドル化されたが、縦型に配置される17インチディスプレイがあるスタイルはそのまま。センタートンネルがないので足元も広くなっている

  • メーターパネル内もカラーディスプレイで表示。バッテリ残量と予想される走行可能距離が表示されている。すべて日本語表示となっている

  • 充電器のテスラスーパーチャージャー。六本木ヒルズのグランド ハイアット 東京に設置された

  • テスラスーパーチャージャーの中には充電ケーブルがあるだけのシンプルなもの

  • ケーブルを取り出すと先にはコネクタがある

  • イーロン・マスク氏がテスラスーパーチャージャーを使って充電してみせた

  • テスラスーパーチャージャーで充電中の様子。なお、車両には日本国内の急速充電規格であるCHAdeMOの変換ケーブルも備わっている

  • テスラモータースジャパン 代表執行役員社長の樺山資正氏

  • 会場に展示されたテスラ モデルS

-PR-企画特集