パイオニア、専用チューニングで必要な音を瞬時に把握できるDJ用ヘッドホン

加納恵 (編集部)2014年09月04日 17時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「HDJ-C70」

 パイオニアは9月4日、無段階に回転するスライダーアームを採用したプロDJ用ヘッドホン「HDJ-C70」を発表した。約195gと軽量でさまざまなモニタリングスタイルに対応する。発売は10月上旬。想定税別価格は1万9200円前後になる。

 新開発の口径40mmのドライバユニットを内蔵し、ベースやキック音などの低音における再現性と素早い音の立ち上がりを実現。DJモニタリングに適したチューニングを施している。

 ユニット内部のポールピース部に銅キャップを装着することで、音の歪みを低減し、ボーカルやスネア音などの中高音をクリアに再現。低音と中高音を明瞭に聞き分けられるため、DJミックスに必要な音を瞬時に把握できるという。

 柔軟性のあるポリアミド樹脂材を使ったヘッドバンド部、ローレット(凸凹)付きのハウジング外周、前後それぞれ90度まで無断階で回転するスライダーアーム、といった素材や構造により、頭にかけた状態でも片耳でモニタリングが可能。コードは1.6mのストレートタイプと1.0mのカールコードを同梱し、モニタリングスタイルに合わせて使い分けられる。

 コードは脱着ができ、接続コネクタにはMMCXタイプを採用。イヤーパッドもはめ込み式のため、簡単に交換が可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加