マイクロソフト、配信停止した更新プログラム3件を再リリース

Larry Seltzer (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年09月03日 11時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間9月2日、8月にリリースを撤回したた3つの更新プログラムを改めてリリースした。下記に示すこれらはセキュリティ関連の更新プログラムではない。同社は先週、セキュリティ更新プログラムを1件再配信している。

 これらは「Windows Update」「Windows Server Update Services(WSUS)」、Microsoft Download Centerで入手できる。

 これらの更新プログラムが撤回されたとき、サポート技術情報のページには既知の深刻な問題が記載されていたが、「Windows IT for Pros」ブログで同社のMichael Niehaus氏は再リリースしたKB2975719ではこれらの問題を解決したとのアップデート情報を記している。Microsoftは米ZDNetの取材に対し、残り2つの再リリース版でも確認された問題は解決済みで、間もなくサポート技術情報のページに反映されるとしている。

 Microsoftの「Software Update ServicesおよびWindows Server Update Servicesにおけるコンテンツの変更について(2014年)」というページには、すべてのアップデートとその修正が記載され、今回再リリースした3つのアップデートも含まれてる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加