logo

キヤノン、ビジネス向けプリンタ10機種--新たなインクジェットブランド「MAXIFY」も

坂本純子 (編集部)2014年08月28日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは8月28日、ビジネス向けのインクジェットプリンタとA4モノクロレーザー複合機10機種を発表した。

MAXIFYシリーズ
MAXIFYシリーズ
新たなブランド「MAXIFY」を投入
新たなブランド「MAXIFY」を投入

 インクジェットプリンタは、新たなブランド「MAXIFY」を投入する。ラインアップを拡充し、業務用途に合わせて最適な製品を選びやすくしたという。MAXIFYの第1弾としてMAXIFY MB5330(3万6800円)、MB5030(2万6800円)、MB2330(2万3800円)、MB2030(2万1800円)、iB4030(2万2800円)の5機種を10月中旬に発売する。いずれも税別のキヤノンオンラインショップの販売予想価格。

 MAXIFYシリーズは、キヤノンのビジネス向けインクジェット複合機/プリンタの新しいブランドだ。高生産性・高画質・高い経済性を備える。

印刷中に次の用紙を重ねて搬送することでプリントスピードをアップ(MB2030をのぞく)
印刷中に次の用紙を重ねて搬送することでプリントスピードをアップ(MB2030をのぞく)

 新開発したプリントヘッドと効率的な用紙搬送により、モノクロ毎分23枚、カラー毎分15枚の高速プリントを実現した(MB2030を除く)。また、MB5330、MB2330、iB4030の3機種には大容量インクタンクと最大500枚の大容量給紙カセットを採用。インクタンクや用紙の交換頻度を低減できる。

PIXUSとのランニングコスト比較
PIXUSとのランニングコスト比較

 インクは、新開発した4色の顔料インクを搭載。ブラックインクは黒濃度が高く、視認性を向上させた。印字部分にマーカーを引いてもにじみにくく、こすれにも強くなっているという。さらに、グラフやウェブページなど多様なビジネス文書に適した色設計により、カラー文書も色鮮やかに印刷できるという。

 インクコストは、A4普通紙インクコスト約1.8円(モノクロ、税別)/約6.1円(カラー、税別)。さらに全機種自動両面プリントに対応し、用紙を効率的に利用できる。また、待機時消費電量約1.0W、TEC値約0.3kWhの環境性能を備えた。

A4モノクロレーザー複合機「Satera」シリーズ

 A4モノクロレーザー複合機は、「Satera」シリーズの新製品として、「Satera MF229dw」など5機種を9月中旬に発売する。全機種ともに黒を基調としたボディに1本化したほか、本体の上面は傷防止を兼ねた菱形モチーフのグラフィックパターンを施し、高級感のあるデザインに仕上げた。

 コピー、プリント、ファクス、スキャンの4つの機能を備えるのは、Satera MF229dw(4万2800円)、MF226dn(3万3800円)、MF216n(2万9800円)の3機種。MF224dw(2万3800円)、MF222dw(1万9800円)はコピー、プリント、スキャンの3つの機能を備える。いずれもネットワークに標準対応し、MF229dw、MF224dw、MF222dwの3機種は無線LANにも対応する。

 MF229dwとMF226dn、MF216nには、操作部の液晶画面に「6行モノクロ液晶タッチパネル」を搭載し、視認性を向上させた。MF224dwとMF222dwは現行機と同様に5行モノクロ液晶パネルだ。また、個人向けと同様にスマートフォンやタブレットなどモバイル機器との連携を強化しており、本体の設置場所を選ばず、多様な印刷が行える。

 なお、同日キヤノンは個人向けプリンタも発表している。PIXUSシリーズよりも1枚あたりのコストが低いため、利用枚数の多いビジネスシーンでのコスト削減に貢献できるとしている。

Sateraシリーズ
Sateraシリーズ
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集