Androidアプリレビュー

複数のデバイスで同期できる国産の多機能メモアプリ「colocolomemo」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:colocolomemo(ver.1.8.1)
金額:無料(8月27日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:Colocoloworks Corporation
使用端末:Nexus 5
おすすめ度:★★★★☆

 「colocolomemo」は、スマホですばやくメモが取れるアプリだ。クラウドを経由して複数デバイス間での同期が可能なメモサービスとしては珍しい国産で、日本語との親和性の高さに加えてカスタマイズ性の高さが特徴だ。

 アプリを起動すると、すべてのメモの冒頭部分が一覧表示される。新規にメモを作成する場合は画面下の鉛筆マークをタップすることで新規作成画面が表示される。入力できるのはテキストのほか、画像の貼り付けやチェックリストの追加にも対応しており、それぞれのメモにタグを付与することもできる。メモはタイトルもつけられるが必須というわけではなく、省略したまま保存できるのもストレスがたまらなくてよい。

 メモアプリは多数あるが、ウェブサービスを経由してさまざまなデバイスで同期できるメモアプリで国産というのは珍しい。それゆえ海外のサービスをローカライズしたアプリのように、日本語の入力や保存に難があったり、メニューが英語でわかりづらいということもなく、直感的に利用できる。

  • デフォルト設定では起動時にメモ一覧が表示される。罫線で囲まれるため画面の左右幅いっぱいに使えないのは好みが分かれるところ

  • 新規入力画面。テキストのほか画像の貼り付け、チェックリストの作成にも対応。入力した文字数が自動的にカウントされるのも便利だ

  • 個々のメモにはタイトルをつけることができるほか、タグやフォルダによる分類などにも対応する

 カスタマイズ性の高さも特徴のひとつだ。フォントサイズやメモの並び順といった一般的な項目だけでなく、タップやスワイプなどの挙動なども画面ごとに細かくカスタマイズできるので、独自の動作を割り当てられるだけでなく、予期せぬ動きを防止するために特定のジェスチャーをオフにすることも可能だ。これらカスタマイズの細かさは、同種アプリの中でも突出している。

 また、今回紹介しているAndroidアプリやウェブサービスのほかにも、iOS版も用意されており、デバイス間のテキストデータのやりとりに活用できるほか、PCでは投稿に特化したクイックポストフォームやブックマークレット、さらにはコマンドラインツールからの利用にも対応しており、テキストをすばやく取り込むのに重宝する。外出先ですばやくメモをとる用途のほか、デバイス間のメモのやりとりに威力を発揮するアプリだ。

  • フォントサイズのほか、メモ一覧画面で表示されるサマリーの行数なども細かく設定できる。保存しているメモの数が多ければ、行を少なくして一覧性を高めるとよいだろう

  • シングルタップやロングタップに対する挙動の割り当ても細かく設定できるなどカスタマイズ性は高い。行間隔の調整にも対応する

  • 気をつけたいのは1カ月ごとの転送量制限があること。テキストデータが中心なら気にしなくてよいレベルだが、ウェブサービス版でブックマークレットを使って画像を含むデータを日々ガンガン取り込んでいるような場合は注意したほうがよい

>>「colocolomemo」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加