logo

米空軍の信号漏えい対策--巨大輸送機「C-5」でのデモを写真で見る - 3/11

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年08月14日 07時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 C-5はLockheedが1968年から製造しており、一定の就航年数が経過すると、「再調整」つまり補修が必要になる。その際、第24空軍は新しい通信システムや再設定された通信システムが不慮の情報漏えいに対して強化されているかどうかを確認しなければならない。
Scroll Right Scroll Left

 C-5はLockheedが1968年から製造しており、一定の就航年数が経過すると、「再調整」つまり補修が必要になる。その際、第24空軍は新しい通信システムや再設定された通信システムが不慮の情報漏えいに対して強化されているかどうかを確認しなければならない。

提供: Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]