logo

意外な所で活躍するユニークなロボット10選--ミツバチロボからヒッチハイクロボまで - 10/10

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年09月06日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IBMのWatson

 「Watson」は確かに米国のクイズ番組「Jeopardy!」に出たが、夕飯の献立のアドバイスもしている。現在Watsonは、ニューヨークにあるメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターで症例の選別を行っている。IBMによると、Watsonは1秒間に最大6000万ページのテキストを処理でき、研究者たちはWatsonに、データを理解し、最終的には病気の診断を行う方法を教えようとしているという。
Scroll Right Scroll Left

IBMのWatson

 「Watson」は確かに米国のクイズ番組「Jeopardy!」に出たが、夕飯の献立のアドバイスもしている。現在Watsonは、ニューヨークにあるメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターで症例の選別を行っている。IBMによると、Watsonは1秒間に最大6000万ページのテキストを処理でき、研究者たちはWatsonに、データを理解し、最終的には病気の診断を行う方法を教えようとしているという。

提供:IBM

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]