意外な所で活躍するユニークなロボット10選--ミツバチロボからヒッチハイクロボまで

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年09月06日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
RoboBees

 ミツバチは、「蜂群崩壊症候群」(CCD)という不可解な現象によって、前例のないスピードで死んでいる。このCCDは通常、農薬や病気、寄生生物が原因とされている。ハーバード大学は、この問題を解決するために「RoboBees」を考案した。このミツバチサイズの小型ロボットは、重さが0.1g以下で、電源につながれた状態であれば、地面から飛び立って、ホバリングすることができる。同大学の研究者たちは、ミツバチがしているように、このロボットに互いに「会話」させたり、花粉を運ぶようにさせるために研究を行っている。研究者たちは、10年から15年以内に実用化できると考えている。
Scroll Right Scroll Left

RoboBees

 ミツバチは、「蜂群崩壊症候群」(CCD)という不可解な現象によって、前例のないスピードで死んでいる。このCCDは通常、農薬や病気、寄生生物が原因とされている。ハーバード大学は、この問題を解決するために「RoboBees」を考案した。このミツバチサイズの小型ロボットは、重さが0.1g以下で、電源につながれた状態であれば、地面から飛び立って、ホバリングすることができる。同大学の研究者たちは、ミツバチがしているように、このロボットに互いに「会話」させたり、花粉を運ぶようにさせるために研究を行っている。研究者たちは、10年から15年以内に実用化できると考えている。

提供:Harvard University

  • このエントリーをはてなブックマークに追加