logo

マニュアル撮影が可能に--リコー「RICOH THETA」、アプリの更新で機能を強化

坂本純子 (編集部)2014年08月07日 18時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーイメージングは8月7日、1ショットで360度の全天球イメージが撮影できる「RICOH THETA(リコー・シータ)」のスマートフォンアプリをバージョンアップした。

「RICOH THETA」
「RICOH THETA」

 アプリをバージョンアップすることで、これまでの「オート撮影」に加えて、「シャッタースピード優先」と「ISO優先」を選択できるようになった。シャッタースピード優先とISO優先モードではホワイトバランスも選択可能。

 iOS版アプリ「RICOH THETA for iPhone」とAndroid版アプリ「RICOH THETA for Android」ともに、それぞれ機能が強化されている。詳細は下記の通り。

【iOS版アプリ】

  • 撮影時のホワイトバランス、ISO感度、シャッタースピードを任意に設定可能に。
  • (※RICOH THETA本体のファームウェアを最新にする必要がある)

  • 「アプリ内」のシングルビュー画面において、2本指スワイプで次の画像に進む、前の画像に戻るが可能に。
  • 「アプリ内」のシングルビュー画面において、前後の全天球イメージへ移動するときに、表示エリアを維持。
  • 「アプリ内」のサムネイル一覧画面で、全天球イメージを複数枚同時にカメラロールに保存可能に。
  • リモートシャッターで記録する位置情報の精度を向上。
  • 【Android OS版】

  • 撮影時のホワイトバランス、ISO感度、シャッタースピードを任意に設定可能に。
  • (※RICOH THETA本体のファームウェアを最新にする必要がある)

  • 「アプリ内」のサムネイル一覧画面で、全天球イメージを複数枚同時にギャラリーに保存可能に。

-PR-企画特集