英空軍博物館を写真で巡る--航空史に残る軍用機の数々 - 64/75

Geoffrey Morrison (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年08月23日 07時00分
 この第1次世界大戦時の機体用の格納庫は「Grahame-White Factory」(グラハムホワイト工場)と呼ばれている(それ自体にも興味深い物語がある)。筆者が訪れたときは第1次世界大戦開戦100周年に向けて改修されている最中だった。

 一番手前の機体は、「Sopwith 1 1/2 Strutter」だ。

 この第1次世界大戦時の機体用の格納庫は「Grahame-White Factory」(グラハムホワイト工場)と呼ばれている(それ自体にも興味深い物語がある)。筆者が訪れたときは第1次世界大戦開戦100周年に向けて改修されている最中だった。

 一番手前の機体は、「Sopwith 1 1/2 Strutter」だ。

提供: Geoffrey Morrison/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]