logo

オーディオテクニカ、Bluetoothから防水まで--選べる3つのポータブルスピーカ

加納恵 (編集部)2014年08月07日 14時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは8月7日、スピーカ「BOOGIE BOX」シリーズに3機種の新製品「AT-SPB70BT/SPB300/SPB200」(SPB70BT/SPB300/SPB200)を発表した。いずれも電池駆動ができるポータブルタイプで、ダンス練習時などの使用に最適としている。発売は8月22日。

  • 「AT-SPB70BT」

 Bluetooth対応のSPB70BTは、360度あらゆる方向へサウンド再生ができる無指向性1.1chスピーカシステムを内蔵。60mmのフルレンジスピーカと100mmのウーファを備え、重厚感ある低音を再生する。サイズは高さ387mm×幅215mm×奥行き167mmで、重量約3.2kg。ACアダプか単2形電池8本で駆動し、アルカリ乾電池を使用すれば約22時間の連続再生が可能だ。想定税別価格は3万円前後。

  • 「AT-SPB300」

 防水性能IPX4等級を備えたSPB300は、本体背面にポータブルプレーヤーの収納スペースを設け、ポータブルプレーヤーとスピーカを一度に持ち運ぶことができる。プレーヤーのヘッドホン端子を使ってで接続ができ、高さ144mm×幅75mm×奥行き11mmのサイズであれば、収納が可能。高透過性操作シートの上からタッチパネルを操作することもできる。

 38mmのフルレンジスピーカと50mmのサブウーファを搭載した1.1chスピーカ。電源のオン、オフやボリュームなどは一体型ノブで操作できる。単3形電池4本で駆動し、アルカリ乾電池使用時の連続使用時間は約40時間。電池残量を気にせず使用できるACアダプタを別売で用意する。サイズは高さ246mm×幅143mm×奥行き103mmで重量約1kg。想定税別価格は9000円前後。

  • 「AT-SPB200」

 SPB200は、床置きに最適な角度25度に設計した「フロアモニターデザイン」を採用。50mmの大口径スピーカと新設計のフロントダクトにより迫力サウンドと厚みのある重低音を再生する。

 ステレオミニ端子と約30cmの入力コードを備え、ポータブルプレーヤーのヘッドホン端子とつなげば接続は完了。単4形電池3本で駆動し、アルカリ乾電池を使用すれば、約30時間の連続再生に対応する。サイズは高さ93mm×幅116mm×奥行き139mmで、重量約390g。想定税別価格は4500円前後になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集