logo

マクセル、キラリと光るアルミニウムハウジングを採用した「+FiT Aluminum」

加納恵 (編集部)2014年08月05日 12時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは8月5日、高いフィット感が得られるインナーイヤー型ヘッドホン「+FiT」シリーズに、アルミニウムハウジングを採用した「+FiT Aluminum MXH-CA220」を発表した。発売は8月25日。想定税別価格は1800円前後になる。

 +FiTシリーズは2013年8月に発売した、密閉ダイナミックタイプのインナーイヤー型ヘッドホン。なめらかなカーブによるフィット感が特長だ。+FiT Aluminumは、フィット感はそのままにハウジング素材としてアルミニウムを採用。余計な振動を抑え、クリアな音質を引き出す。

 直径9mmの高磁性ネオジムマグネットドライバを搭載し、鮮明な中高域と量感ある低音域を再生。耳の奥まで届くロングポートにより、音をダイレクトに届けられるとしている。

 イヤーピースは銀イオンをねりこんだ抗菌タイプで、SS、S、M、Lの4サイズを付属。コードの長さは1.2mで、長さ調整ができるコード―キーパーが同梱される。


「+FiT Aluminum MXH-CA220」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集