80種類の言語に対応する翻訳アプリ「Google翻訳」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google Translate
価格: 無料(2015年03月13日時点)
おすすめ度:

4.0

  • 開発:Google, Inc.
  • カテゴリ:辞書/辞典/その他

 Google翻訳は、80種類の言語に対応している翻訳アプリだ。キーボードによるテキスト入力のほか、音声と手書き文字での入力にも対応しているので、キーボードで目的の言語の入力方法が分からなくても利用できる。また、合成ボイスではあるが、原語と翻訳後の言語の発音を確認できる。翻訳したテキストは、お気に入りに登録すれば、いつでも参照することが可能だ。

 まずは、原文の言語と訳文の言語を設定する。画面の左側が原文言語で、右側が訳文言語だ。言語の間に表示されている双方向の矢印をタップすると、言語の向きを入れ替えられる。言語の下のテキストボックスに、翻訳したいテキストをキーボードで入力するか、あらかじめコピーしてあるテキストをペーストし、「GO」(キーボードに応じて異なる)をタップすると、翻訳後のテキストが表示される。

  • 原文の言語の選択画面。よく利用する言語は、リストの上部に表示される

  • 訳文の言語の選択画面。原文と訳文の言語は、ボタンをタップするだけで簡単に入れ替えられる

  • 入力したテキストは即座に翻訳される。かなりの長文でも、数秒で翻訳されるのはすごい

  • 原文と訳文のテキストは、スピーカーアイコンをタップすると音声を確認できる。スターをオンにしておくと、「スター付き」のページで確認できる

  • スターを付けたテキストの一覧。言語学習に生かすこともできる

 手書きで入力する場合は、テキストボックスの右下にある線がうねったようなアイコンをタップする。手書き入力エリアが表示されるので、1文字ずつ画面に書いていこう。手書き入力中に自動的に1文字ずつが確定されるようにするには、設定画面で「手書き入力」を選択し、「自動確定」をオンにしておく。言語によっては、どこからどこまでが1文字か分からない場合もあるので、これをオンにしておくと自動判別してくれて便利だ。

  • 手書き入力モード。自動確定をオンにしていると、1文字書いたと自動的に判断して、テキストボックスに変換した文字を表示してくれる

  • 手書き入力で、テキストを自動的に確定してもらいたい場合は、オンにしておく

 音声で入力する場合は、テキストボックスの右下にあるマイクのアイコンをタップする。即座に、音声で入力できる状態になるので、調べたい言葉を発話しよう。英語、アラビア語、ポルトガル語、中国語、スペイン語の場合、設定画面の「音声入力」画面で、アメリカ英語やイギリス英語、標準中国語や広東語などの音声の種類を選択できる。

  • 音声入力モード。音声入力モードでは、追記ができないので、一気に話す必要がある。そのため、長文の入力は難しい

  • 英語や中国語などの言語には、音声に複数の種類があるため、あらかじめ音声の種類を設定しておく必要がある

 惜しむらくは、写真を読み取って翻訳してくれるOCR機能がないことだ。ウェブサイトやメールなどからテキストを翻訳したい場合は、テキストをコピー&ペーストするだけで済むが、たとえば、印刷物に書かれている文章や、町中の看板などに書かれている単語の意味をとっさに知りたいと思っても、たいていの場合は読み方は分からないので、見ようみまねで手書き入力するしかない。長い文章になるほど、これは大変なことだ。Android版のGoogle翻訳アプリには、写真から翻訳できる機能があるので、ぜひともiPhone版にも同じ機能を搭載してもらいたい。

>>Google翻訳のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加