logo

JVC、テレビを快適に見られるインドア用ヘッドホン--らくらく移動できる3.5mケーブル

加納恵 (編集部)2014年07月18日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは7月17日、JVCブランドからインドア用ヘッドホン「HA-RZ910/RZ710/RZ510/RZ310」(想定税別価格:8000円/5000円/3000円/2000円前後)4機種を発表した。最長3.5mになるロングケーブルモデルも用意し、テレビ視聴用として利用できる。発売は7月下旬。

 いずれも5つの制振リブにより共振を抑え、クリアなサウンドを再生する「5アンチ・レゾナンス」構造を搭載。40~50mmの高磁力ネオジウムドライバユニットを採用し、臨場感ある音声を再生する。

 上位機となるRZ710のみ、音声信号の追従性能に優れた高磁力高性能ネオジウムドライバユニットを備え、低音から高音まで高音質に再生するとのこと。アコースティックレンズを採用した独自構造により、直接音と間接音を最適にチューニングすることで、音の広がりと奥行き感を再現できるとしている。

 RZ910/RZ710には、ドライバユニット背面に配した同心円ダクトにより、ハウジング内の圧力を均等化し、ユニット振動板の振幅を安定させる「サウンドスタビライザー」を備える。

 RZ910/RZ710/RZ510の3機種には、片出し1.2mのケーブルに2.3mの延長ケーブルを付属。RZ310には片出し3.5mケーブルを採用する。


上段左から「HA-RZ910/RZ710/RZ510/RZ310」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集