アップル、位置情報収集について説明--中国の「国家安全保障上の懸念」報道受け

CNET News staff  翻訳校正: 中村智恵子 福岡洋一 (ガリレオ)2014年07月14日 10時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国国営メディアから「iPhone」の「Frequent Locations(利用頻度の高い位置情報)」機能が国家安全保障上の脅威となる可能性を問われたAppleは、同機能によって収集されたデータは個人のデバイス上にのみ保存され、Appleはデータを収集していないと説明し、自社製品に「バックドアを作成するために(中略)いかなる政府機関とも協力したことはない」と述べた

提供:Apple; screenshot by CNET
提供:Apple; screenshot by CNET

 中国の国営放送である中国中央電視台(CCTV)は現地時間7月11日の放送で、「利用頻度の高い位置情報」機能によって収集されたデータから、中国の経済状態、さらには「国家機密さえも」明らかになる可能性があると伝えた。Appleの声明はこの報道を受けたもので、中国の政府と国民を安心させたいという姿勢は明らかだ。Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏はこれまで何度も、米国の次に最も重要な市場は中国だと語っていた。

 Appleは12日付けの声明で、ユーザーは同機能のオンオフが自由にできることを強調し、データは個人のデバイスに保存されており、Appleは収集していないと繰り返した。

 「われわれの顧客がモバイルデバイスに求め、期待しているのは、買い物や旅行、近くのレストランを探す、仕事場に着くまでの所要時間を計算する、といった特定の行動のために現在地を素早く確実に判断できることだ。われわれはそれをデバイスレベルで実現している。Appleはユーザーの位置を追跡していない。Appleはこれまでそんなことはしていないし、今後もそうする計画はない」と、Appleは声明に記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加