Androidアプリレビュー

電子マネーカードの利用履歴を確認できるアプリ「みるCa」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:みるCa(ver.1.9)
金額:無料(7月14日時点)
カテゴリ:ツール
開発:jenny
使用端末:Nexus 5
おすすめ度:★★★★☆

 「みるCa(みるか)」は、電子マネーカードをかざすことで、利用履歴を読みとれるアプリだ。電子マネーと全国のさまざまな交通系ICカードに対応しており、NFCを使って利用履歴を画面に表示し、履歴をチェックしたり、交通費の精算などに役立てることができる。

 使い方は簡単で、アプリを起動しカードの上にかざすだけ。入出金のデータが読みとられ、画面上に明細が表示される。対応するマネーカードは、楽天Edy、nanaco、WAONといった電子マネーに加えて、SuicaやPASMO、ICOCA、PiTaPa、TOICAをはじめとする全国のさまざまな交通系ICカード。このほかJAL MILEAGE BANKにも対応している。

 このアプリの特徴はフォーマットの見やすさだ。各項目が表形式で区切られて表示されるので見た目にわかりやすい。また曜日表示に対応しているのは、以前紹介した「EMoneyReader」と比較した場合の大きなメリットだ。カードIDが表示できるのも利点といえる。

 逆にマイナス要因なのは、外部への書き出し機能を持たないこと。画面に表示して履歴をチェックしたり、手元で精算用紙などに転記するには十分だが、履歴をデータで残しておく目的であれば、CSVでの書き出し機能を備えたEMoneyReaderのほうが適切だろう。

  • 起動直後の画面。この状態で電子マネーカードをかざし、NFCで履歴を読み取る

  • 利用履歴が表示された。設定により曜日表示が可能なので利用履歴と実際の記憶とを結びつけるのに重宝する。フォーマットも表形式で見やすい

  • こちらはWAONの履歴を表示したところ。利用時刻に加えて残高や実際の利用金額が表示できる

 またEMoneyReaderでは、乗降駅名、鉄道会社名、路線名が表示されるのに対して、こちらは乗降駅名と鉄道会社名だけで、どの路線を使ったのかが表示されない。そのため都内の地下鉄など、どの路線を使ったか知りたい場合も、基本的に駅名から判断するしかない。

 データを外部に書き出すという目的には適さないが、画面上での見やすさはすぐれており、特に曜日が表示できる点は、利用履歴と実際の記憶とを結びつけるのに重宝する。EMoneyReaderに比べて機能的には一長一短だが、画面上で履歴を閲覧する用途であれば、本アプリのほうがおすすめだといえそうだ。

>>「みるCa」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加