オーディオテクニカ、ケーブル周りをすっきりできる新スポーツ用ヘッドホン「SONICSPORT」

加納恵 (編集部)2014年07月10日 18時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは7月10日、スポーツ用ヘッドホン4機種を発表した。シリーズ名も従来の「PLAYERS LINE」から「SONICSPORT」へと改め、シチュエーションごとに選べるモデルラインアップとした。いずれも発売は7月25日になる。

 発表されたのは「ATH-SPORT3/SPORT2/SPORT1/SPORT1iS」。全機種ともに水道やシャワーなどで水洗いができるIPX5相当の防水性能を備える。

  • 「ATH-SPORT3」

 ATH-SPORT3は、耳にあわせてハンガーの形状を調整できる360度フレキシブルイヤハンガーを採用し、激しい動きにも追従することが可能。10mmのダイナミックドライバを搭載し、クリアな中高域と反応の良い低音を再生する。

 「ウォータープルーフダクト」により、防水性能を維持しながら量感ある低域再生を実現。スポーツ時でも高音質再生ができるとしている。ケーブルの長さは1.2m。水に強いネオプレーン素材の専用キャリングケースを付属する。ボディカラーはブラックとレッド。想定税別価格は5000円前後になる。

  • 「ATH-SPORT2」

 ATH-SPORT2は、S、M、Lの3サイズから選択可能な着脱式のイヤーサポートを採用することで、簡単装着と耳へのホールド感を高めたモデルだ。10mmのダイナミックドライバを内蔵し、クリアな音質再生を実現。ヘッドホンコードが耳の後ろに無理なく配置されるリア・アングルド・ブッシングデザインを採用する。

 重量は約6.8gと軽量で、長時間リスニングも可能だ。ボディカラーはブラック、ブルー、ネイビーイエロー、レッド、イエローピンクの5つを用意。音漏れしにくい「ファインフィットイヤピース」と、外部音が聞き取りやすい「アクティブフィットイヤピース」の2種類を付属する。想定税別価格は3000円前後。

  • 「ATH-SPORT1」

 ATH-SPORT1は、安定したフィット感が得られる「新3Dスイングイヤハンガー」を採用した。8.5mmのダイナミックドライバと、コード表面に凹凸を付けることでタッチノイズを軽減するウェーブコードにより、スポーツ時でも高音質再生ができるとしている。ATH-SPORT2同様、イヤーピースは音漏れしにくいファインフィットイヤピースと外部音が聞き取りやすいアクティブフィットイヤピースの2種類を同梱する。ボディカラーはブラック、ネイビーイエロー、ピンク、レッド、イエローピンクの5つ。想定税別価格は2000円前後になる。

  • 「ATH-SPORT1iS」

 ATH-SPORT1にマイク付きリモコンを備えたATH-SPORT1iSもラインアップする。スマートフォンでの通話や音楽・動画の操作ができるほか、手元での音量調整が可能だ。ボディカラーはブラック、ネイビーイエロー、ピンク、レッドの4色。想定税別価格は3000円前後になる。

 4機種すべてに、U型コード、コードスライダ、コードクリップを採用し、ケーブルのぶらつきを抑えることで快適に使用できる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加