logo

弁当宅配「ごちクル」が28億円調達--法人向け通販「アスクル」と組み顧客基盤を拡大

井指啓吾 (編集部)2014年07月04日 18時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 弁当やケータリング商品の宅配サービス「ごちクル」を運営するスターフェスティバル(スタフェス)は7月4日、オフィス用品通販のアスクルを引受先とする第三者割当増資および新株予約権付社債の発行などにより総額28億円を調達したと発表した。アスクルとの業務・資本提携契約締結は、法人向けサービスの強化と拡充に向けたものとしている。

  • 提携により配送効率の向上などを図る

 ごちクルは、有名料理店や人気レストランの弁当やケータリング商品を宅配するサービス。スタフェスと製造卸メーカーによる共同開発のオリジナル商品も販売している。2009年7月の創業からこれまでに、提供商品600ブランド、6800種以上を取り揃え、累計で550万食を売り上げたという。

 両社は今後、ごちクルをアスクルのサービスとして採用し、11月をめどに顧客に展開する。スタフェスの顧客基盤をスピーディに拡大させるのが狙いだ。一方アスクルは、同社の顧客に対して新サービスの提供が可能となる。

 また、ごちクルの弁当を、アスクルの100%子会社であるBizexの配送サービスを活用し配送(同時配送も含む)することや、スタフェスの配送車の空き時間をアスクルのサービスに活用することにより、配送密度と配送効率を向上させ、両社のコストダウンを図る。今後早急にテストを開始し、効果を見ながら順次対象エリア・時間帯を拡大するとしている。

 そのほか、アスクルのサービスをスタフェスのパートナーである外食産業従事者に展開することについて、提携上のシナジー効果が得られるかも検討するという。


「ごちクル」を運営するスターフェスティバルのオフィス

-PR-企画特集