logo

ソフトバンク、韓国の電子マネー「モバイルcashbee」の提供を延期

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SBI AXESとソフトバンクモバイルは6月30日、韓国電子マネー「モバイルcashbee」の提供を延期すると発表した。サービスを利用できない場合があることが判明したためとしている。サービス開始の見通しは明らかにしていない。

 この取り組みは、韓国ロッテグループの電子マネー事業者eB Card Corporationが韓国国内で提供しているNFC対応電子マネーサービス「モバイルcashbee」をソフトバンクモバイルのNFC搭載スマートフォン向けに提供するもの。

 モバイルcashbeeは、2014年6月現在韓国内のタクシーやコンビニ、ロッテグループのデパート、飲食店など約7万店舗に導入されているほか、利用者向けには韓国内の店舗で利用できるクーポンや、空港リムジンバスの時刻表、地下鉄路線図などのコンテンツを提供している。

 ソフトバンクのスマートフォンが対応することで、ユーザーが韓国を訪れた際に、おサイフケータイと同様に現地通貨を用意することなくスピーディーな決済ができる点などを特長としていた。


「モバイルcashbee」イメージ

-PR-企画特集