logo

iOS用「Opera Mini 8」が公開--新しいデータ圧縮モードを追加

Aloysius Low (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月27日 08時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Opera Mini Version 8」がApple App Storeでリリースされた。

 UIが刷新され、「iOS 7」に合わせたフラットな外観になっている。また、サーバからアプリに送信されるデータを圧縮するための2つのモードを提供する。これは、ネットワーク使用量を削減する機能で、上限付きデータプランや低速ネットワークを利用しているユーザーは重宝する可能性がある。通信データ容量に上限のあるモバイルプランに加入している場合も、iOS端末に標準搭載されている「Safari」ブラウザの代わりにOperaのブラウザを使用すると良いかもしれない。

 従来から存在する「Opera Mini」モードは、データを最大限に圧縮する。最大90%の圧縮が可能で、ネットワーク接続が良好ではない地域での使用に適している。もちろん、データ上限に達しそうだという場合にも役立つ可能性がある。この機能は、前バージョンで提供されていたものと同じである。

 新たに追加された「Opera Turbo」モードは、圧縮率がそこまで高くないが、ウェブサイトとの互換性を保ちつつ通信データ容量を削減する。Operaは、閲覧時に最適なモードとしている。

 無制限のデータプランに加入しているユーザーは、データ圧縮をオフにしてウェブを閲覧することができる。

 ブラウザの下部に表示されているOperaのロゴをタップするだけで、圧縮モードを有効にする場合と方法を選択できる。

 新しいデータ圧縮機能以外では、iOS 7に合わせてスタイルが刷新され、「Chrome」やSafariのように、検索とアドレス入力の双方ができるバーが提供されている。その他の機能としては、共有用にURLをQRコードに変換する機能や、検索プロバイダーを切り替える機能がある。検索対象がIMBDまたはWikipediaになるよう設定することも可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]