logo

アルパインと富士通テン、車載プラットフォームの共同開発で合意

加納恵 (編集部)2014年06月18日 10時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルパインと富士通テンは6月18日、車載プラットフォームの共同開発で合意したと発表した。

 共同開発は製品に共通する基本的なソフトウェア部分を中心に実施し、製品化は各社が独自に行うとしている。

 自動車の電子化にともない、車載機器は高度化、機能の複合化が進んでいる。両社では、車載機器に対するユーザーのニーズも変化する中、スマートフォンなどと車載機器の機能複合へのニーズも高まり、車載機器が担う役割は拡大しているとし、これらのニーズに対応した車載プラットフォームの開発に取り組んでいくとのこと。共同開発することで開発効率の向上も目指す。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]