logo

「Unicode Standard」、バージョン7.0が公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Unicode Consortiumは米国時間6月16日、「Unicode Standard」の最新版であるバージョン7.0が2834文字を新たに加えて公開されたことを発表した

提供:Unicode Consortium
提供:Unicode Consortium

 バージョン7.0は、ロシアのルーブルやアゼルバイジャンのマナトといった通貨シンボル、約250の絵文字、その他の記号に加えて、23の歴史的なスクリプト、既存スクリプトに対する文字の追加などを含んでいる。

 新しい絵文字は、WingdingsおよびWebdingsフォントで長い間にわたり広く使われている文字から派生しているものがほとんどになる。また、インド語系スクリプトのプロパティに対して大がかりな強化が加えられており、新しいプロパティの値を追加することでインド語系スクリプトのレンダリングに対するよりアルゴリズム的なアプローチを可能にしている。

 Unicode Standardのバージョン7.0に関する詳細は、Unicode Consortiumのウェブサイトで確認できる。

提供:Unicode Consortium
提供:Unicode Consortium

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]