logo

サッカー見るなら丸の内--丸ビルに「BRAVIA 4K Tower」が登場

加納恵 (編集部)2014年06月12日 16時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「BRAVIA 4K Tower presented by Sony」

 ソニーは、東京・丸の内の丸ビル内に設置されたパブリックビューイングスペース「2014 FIFA World Cup Public Viewing in Marunouchi」に、85V型の4K液晶テレビ3台を設置した「BRAVIA 4K Tower presented by Sony」を展開している。6月12日から7月14日までの間設置される。

  • パブリックビューイングスペースには180インチのスクリーンも

 BRAVIA 4K Tower presented by Sonyでは、2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会 日本戦の録画放送や、FIFA コンフェデレーションズカップ2013、ピットブルFeat.ジェニファー・ロペス&C・レイチ「ウィー・アー・ワン」などの4K映像が繰り返し流れるほか、ワールドカップ歴代名勝負映像やアジアカップなどが2K映像にて再生される予定だ。会場内には180インチの大画面スクリーンも設けられ、多くの試合を生中継する。

  • 「BRAVIA KD-85X9500B」

 設置されている85V型の4K液晶テレビ「BRAVIA KD-85X9500B」は、ソニーの4Kテレビでは初となる直下型のLEDバックライトを採用した最上位モデル。7月26日の発売を予定している。

 本体には「サッカーモード」を設け、リモコンのボタンを押すだけで観客の声援を強調し、スタジアムにいるような響きを再現。FIFAオリジナルの映像や、サッカー関連のYouTube動画も視聴可能だ。

 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]