logo

ソフトバンクが「ロボット事業」に参入--2015年2月に一般販売

藤井涼 (編集部)2014年06月05日 13時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクは6月5日、ロボット事業に参入することを発表した。会話ができるヒト型ロボット「pepper(ペッパー)」を2015年2月に発売する。価格は19万8000円。6月6日からソフトバンク銀座店などで接客する。

 pepperは、声がする方向や相手との距離などを認識できる。また表情などから感情を読み取り情報をネット上に蓄積。複数台の情報を集約するクラウドAIで学習していく。

 同日開催された記者発表会で、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏は「ロボットがロボットと言われてきたのは感情がなかったから。人類史上初めて、ロボットに心を与えることに挑戦する」と思いを語った。

笑顔でプレスに向けて手を振った
笑顔でプレスに向けて手を振った

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]