logo

ヤマハ、軽量かつコンパクトで持ち運びを重視したヘッドホン

加納恵 (編集部)2014年05月29日 13時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「HPH-PRO400」

 ヤマハは5月29日、オーバーイヤー型ヘッドホン「HPH-PRO400」を発表した。ハウジング素材にABS樹脂を採用し、オーバーヘッドタイプながら289gの軽量ボディを実現する。発売は6月中旬。想定税込価格は3万4000円前後になる。

 上位機「HPH-PRO500」同様のネオジウムマグネットを使用した口径50mmのダイナミック型ドライバを搭載し、迫力の低音とクリアな中音、伸びのある高音を再現するとのこと。

 左右どちら側からたたんでも必ずイヤーカップ部とイヤーパッド部が重なる独自の折りたたみ機構により、本体が小さくなり携帯性にも優れる。ケーブルは着脱式で、iPod/iPhone/iPad対応のマイク付きリモコンを装備。音量調整、選曲、通話モードの切り替えが手元で操作可能だ。ボディカラーはアイボリーホワイト、エボニーブラックの2色を用意する。

  • 「HPH-PRO300」

 あわせて「HPH-PRO300」(PRO300)に新色アドバンスレッドを追加する。PRO300は、2012年に発売された密閉ダイナミック型ヘッドホン。口径40mmのドライバユニットを内蔵し、HPH-PROシリーズのエントリー機に位置づけられる。現在アイボリーホワイト、レーシングブルー、エボニーブラックの3色をラインアップしている。想定税込価格は2万5000円前後になる。

 

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]