logo

ブラウザ「Sleipnir」に最新版--タブ“開きっぱなし”でも快適に

井指啓吾 (編集部)2014年05月29日 12時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェンリルは5月29日、ウェブブラウザ「Sleipnir(スレイプニール)」のWindows向けの最新版「Sleipnir 6 for Windows」を公開した。製品ページから無料でダウンロードできる。Sleipnir 5をベースとし、タブの管理を便利にする2つの新機能を盛り込んだ。iOS、Android向けの最新版は開発中で、リリース時期は未定。

  • 新機能の1つ「キャビネット」

 新機能の1つは、展開中のタブを一画面にまとめられる「キャビネット」。この機能を使うことにより、仕事用やプライベート用などでタブをわけて展開、そのまま保存し、いつでも呼び出せる。上部のタブの左側のアイコンをクリックすると、キャビネット画面に切り替わる。キャビネットの画面ではウェブサイトが、頻繁に閲覧するものや最近閉じたもの、閲覧頻度は少ないが現在開いているものなどにわけて表示される。

  • 2つ目の新機能「ハイライトバー」

 もう1つの新機能は、展開したタブの中からお気に入りのタブを見つけやすくする「ハイライトバー」。ツールバーの下に表示され、お気に入りのタブの位置がファビコンで示される。

 同社によると、Sleipnir 5のユーザーから「タブを常に開いておくことを推奨しながら、タブを開きすぎると重くなる」という指摘があった。最新版ではこれを踏まえ、20タブ以上開くと、使用していないタブの読み込みを停止し、メモリを解放する機能を搭載したという。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]