logo

アメーバブログで見た2014年上半期の流行語--1位は大差で「消費増税」

佐藤和也 (編集部)2014年05月27日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは5月26日、同社が運営する「アメーバブログ」に投稿されたブログ記事をもとに、「2014年上半期流行語」を分析。その結果を発表した。対象としたのは、2014年1月1日~5月12日の期間に投稿された7016万4663件のアメーバブログ記事で、分析はホットリンクの「クチコミ@係長」を利用したとしている。

 それによると、1位になったのは「消費増税」で投稿数は54万758件。2位だったディズニー映画「アナと雪の女王」の11万2494件と比較しても大差をつけた形だ。「消費税8%への増税は、普段の生活にダイレクトに影響するぶん、人々の関心も高かった」と分析している。ちなみに2009年度に話題になった「政権交代」と比較すると、民主党への政権交代があった2009年8月から5カ月分を計測したブログ記事投稿数は、全部で4万902件。このことからみても、いかに生活者の関心が高いトピックスであったかがわかったとしている。

 2位のアナと雪の女王についてはストーリーや感想を書いたブログ記事をはじめ、主題歌「レット・イット・ゴー」に関する記事も多くみられたとしている。3位はニンテンドー3DS用ソフトで、アニメなどにも展開し人気となっている「妖怪ウォッチ」で、4万7762件。以下、4位は「妊活」で3万4138件、5位は「STAP細胞」で2万9109件、6位は「レジェンド」で1万8931件、7位は「ゴーストライター」で1万1245件と続いている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]