logo

形状、やわらかさ--触りごこちを仮想再現できるシステム、NHKと東大が開発

井指啓吾 (編集部)2014年05月23日 11時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NHKと東京大学は5月22日、物体を触った感覚を仮想的に再現できるシステムを共同開発したと発表した。将来的には、食物や生物などの、視覚だけでは伝えられない“触感覚”を伝達できる情報サービスの実現が期待できるという。

 説明を付け足すと、このシステムでは、離れたところから物体に接触せずに形状と硬さを測定し、その測定データから作成した“形状と硬さの分布を表すモデル”をもとに、指先に点の刺激を複数与えることで、その物体に触った感覚を再現できる。NHKが放送技術の研究の一環として開発した“形状を再現するシステム”に、東京大学が新たに開発した“物体の形状と硬さの分布を測定できる装置”を組み合わせることで、このシステムが実現したという。

 なお、作成したモデルを仮想的な映像として映し出せば、物体に直接触った感覚をより向上させられるという。


触感覚伝達システムの模式図

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]