logo

ハウステンボス、デジタルゲームの過去から未来まで体験できる「ゲームミュージアム」

佐藤和也 (編集部)2014年05月22日 15時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長崎県佐世保市にあるハウステンボスは、7月5日に本格始動するイベント「ゲームの王国」について、デジタルゲームの過去、現在、未来が体験できる「ゲームミュージアム」を同日に開設することを発表した。場所はハウステンボス フリーゾーン ハーバータウン内で、入館料は無料。

 このゲームミュージアでは、デジタルゲームの過去から未来を体験できるという約120台のゲームを設置。国内ゲームメーカーの協力のもの、懐かしいアーケードゲームを揃える「懐かしのゲームセンター」や、家庭用ゲーム機のはじまりとされるODESSEYから最新機のPS4まで、60種類ものゲーム機が展示される「ゲームヒストリー1972-2014」、30余年にわたるゲームの歴史を一望できる「ゲームツリー」、これからの技術を使った未来のゲームが試遊できる「ゲーム・フューチャー」など、それぞれにテーマをもったコーナーが設置される。

 このほかゲーム関連商品を扱う販売コーナーや、ゲームの世界にこだわったカフェを併設するとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]